Close

【製作相談】線材の曲げ加工

    5名以下の町工場が高齢化や後継者不足により廃業されるケースが増加しています。
    量産化されていない町工場では多品種小ロット、さらには経験値により実現していたモノづくり技術があります。

    昨日、来社された会社様は「線材の曲げ加工」の製造先がなくてお困りとのことでご相談を受けました。
    お客様の商品なのでお見せすることが出来ないのですが曲げ形状が複雑で簡単に作れそうで作れない商品です。
    これまでは80歳になる職人さんがジグを作り、手作業で製造されていたとのこと。

    今受けている分で引退する。

    そう言われたことで製造できる先がなくなり、お困りとのことで来社されました。
    手作業での製作は現実的ではなく、機械化することは出来ないか検討する必要があります。
    デジタルな技術とアナログな技術。これをどうやって組み合わせて実現するかは大きな課題となっています。

    ご相談いただいた案件については「線材加工」と言うことで可能な企業をコーディネートさせていただきます。
    作る技術、繋いでいかなければいけません。