Close

プラ型屋さんが「自社の金型で作ったもの」
を売る津島さんのECサイト

プラ型屋さんが「自社の金型で作ったもの」
を売る津島さんのECサイト

今回ご紹介するのは…

 

社名:有限会社津島

場所:東大阪市川俣

事業内容:プラスチック金型の設計製作

HP :https://www.mold-tsushima.com/

有限会社津島さんは東大阪にあるプラ型屋さん。今回は津島さんが新しくオープンされたECサイト「SHOP TSUSHIMA」をご紹介いたします!

プラ型屋さんならではの新しい取り組みが面白い!

最近オープンされたECサイトが「SHOP TSUSHIMA」。面白いのが、津島さんが作ったものを販売されているのではなく「津島さんが作った金型」で作ったものが並んでいること。サイトがこちら。

今販売されているゴルフグリップもパートナー企業様の発案から始まり、握り心地や重量に対しての細かな要望を津島さんのご提案からカタチにしたもの。これから商品のバリエーションもどんどん増えていくそうです。雑貨から自動車部品まであらゆる分野に関わるものづくりをされている金型屋さんだからこそ、敢えてジャンルはバラバラ。そこも面白い!

ゴルフグリップ『HONEY GRIP』をご紹介。

こちら可愛いデザインのゴルフグリップ!(ゴルフクラブの握る部分のことです)津島さんのお知り合いの成形屋さんの「「オリジナルのゴルフグリップを作りたい」というご要望から津島さんで金型を制作して実現。今後は成形屋さんのECサイトでの販売に向けて更にブラッシュアップを進めるご予定です。グリップの重さや握り心地はゴルフ好きにとってかなり重要でこだわりたいポイントなのだそう。デザインだけでなく、重量や握ったときの質感についてのご要望も実現した、まさに「オリジナル」のグリップです。

津島さんのメンバーはみんなゴルフが大好き。取材時も気づけばゴルフトークが始まったり、それとなく素振りをしながら横切る社員さんがいらっしゃったり、2階の事務所にもゴルフの練習ができるコーナー(?)があったり。笑 楽器然り、バイクや車などの乗り物然り、趣味で使う道具にはとことんこだわりたい気持ちは多くの方が持っているものだと思います。津島さんのメンバーも全員ゴルフ好きということで、お客さんの要望に共感できるところが多かったのかもしれませんね!

材料、成形に詳しいプラ型屋さんだからこそ応えられる仕上がりへの細かなこだわり

先ほど、『重量や握ったときの質感への要望も実現』と記載しましたが、具体的にどんな流れでオリジナルグリップが完成するのでしょうか?

有限会社津島・代表 立花様

「重量や仕上がり時の質感というのは、どういう材料で成形するかで決まります。金型自体は『こういうデザインで作りたい』というのが決定した時点で制作をし、その後その金型で成形をする前に仕上がり時の重量や質感に関するご要望を改めてお聞きし材料選定をしていきます。」

「津島には、材料や成形条件に関する知見が豊富な成形屋出身の社員もおり、その辺りのご提案は彼が担います。『グリップを持った時のしっくり来る感じ』というのは個人個人で異なりますし明確に数値化できるものでもないので、何度か成形をし、その度に意見を伺いながら修正をすることでオリジナルグリップが実現しました。」

ゴルフ、スポーツに限らず、様々なオリジナルグッズの量産のご相談お受けします!

今回はゴルフグリップの事例をご紹介しましたが、他のスポーツ用品であったり、バイクのハンドルであったり…オリジナル商品を作りたいというケースは多々あるのではないでしょうか。津島さんは金型屋さん。『個人でオリジナルを1つだけ作りたい…』というケースではなく、自社のオリジナル商品を作りたいという量産前提の企業様やショップの方々がご提案の対象となります。「こんな感じのものを作りたい…」というイラストからもご相談可能。ぜひお気軽にご相談ください!

いつかは金型も「ポチる」??

そのうち金型もポチれるようにしようかな?笑 と代表の立花さん。金型もECサイトに並ぶ時代が来るのでしょうか…。

「そこで買うかは別としてだいたいの値段がこれくらいなんやってわかるだけでも依頼しやすいのでは」というのがまず第一歩だそう。今後の展開が楽しみです!次回はゴルフグリップ以外の商品についてもご紹介させていただきます。

ー津島さん、今回もありがとうございました!