Close

『防』をとことん研究する工場へ行ってきました!ーサクセスプランニング様取材レポ

こんにちは!モノオトスタッフです。今回は京都府八幡市のサクセスプランニングさんの取材レポート!

「耐刃(たいじん)性防護生地」って知っていますか?

今日は京都府八幡市にあるサクセスプランニングさんを取材をさせていただいた時のレポート!サクセスプランニングさんは「耐刃性防護生地」を使った製品の製造や卸販売をされている企業様です。ところで、「耐刃防護生地」ってどんなものかご存知でしょうか??読んで字のごとくなのでイメージは湧くと思うのですが、私たちの生活のどんな場所でこの生地が使われているかご存知でしょうか。私も今回初めて勉強させていただいたのでレポートしていきたいと思います!

精肉工場、金属加工工場、タクシー、店舗、病院…様々な場所に防護生地

今日は京都府八幡市にあるサクセスプランニングさんを取材をさせていただいた時のレポート!サクセスプラン『耐刃防護生地を使用した製品』と書きましたが具体的にはベストやエプロンなどの防護服や軍手などなど企画開発されている商品のラインナップはいろいろ。これらは精肉工場から金属加工の工場まで『刃』を扱うあらゆる現場の他、レジなどお金を取り扱う場所、タクシーなど背後から襲われる可能性があるようなシーンなど、事故や事件に遭う危険性のある場所で使われます。「何かあってからでは遅いから」そんな危険からの『防』をとことん研究されているのがサクセスプランニングさん。

他にも店舗などお金を扱う場所で使えるエプロンや、噛み癖のある患者さんが噛んでしまっても破れづらく仮に口に入っても危険が無いような生地などサクセスプランニングさんが貢献されている場所は多岐にわたります。「防」については危険な作業があるお仕事をしていたり、何か危険に遭遇したりということが無い限り意識することが無いため遠い世界に感じていましたが、思っていた以上に身近な場所に「防護生地」がありました。

サクセスプランニングさんがこだわるのは「ちょうど良い」生地

耐刃防護生地…触ってみると確かにしっかりした素材で超強そうではあるものの、思ったより軽い。実際の作業時の動きやすさを考えて軽くされているんです。守ってくれるは良いけどめっちゃ重い…とか動きにくい…では確かに実用性が無いですよね。
だからサクセスプランニングさんでは、何があっても100%破れないわけではないけれど、現場のシーンに合わせて守ってくれる。万が一があっても怪我を最小に防ぐことが出来れば…そんな防護性も機能性も兼ね備えた『ちょうど良い』生地で製品を作られています。

「防護」にもファッションの視点が…?とことん使う人目線!

お客様からのご相談時、どんなシーンで使うものかイメージが付かない場合には現地へ見に行ったり現場で破れた生地のサンプルを送っていただくなどしてでも具体的な活用シーンをキャッチしに行かれるそう!私が印象に残ったのは軽くて薄くて上から洋服を着れるという防護エプロン。「最近お店の店員さんって自分が好きなエプロン付けてたりするでしょ?これやったら自分が持ってる好きなエプロンの下に重ねてつけてもゴワゴワしないから、いかにも防護!て感じのものより良いと思って」と桒原社長。とことん使う人目線!

アイデアが次々出てくる桑原社長が率いる活気ある工場でした

取材で何より印象的だったのはパワフルで、企画のアイデアが次々と出てくる桑原社長のかっこよさ。「今こんなん考えてんねん!」と聞かせていただいたまだオフレコの企画も魅力あるものばかりで今後のリリースがとても楽しみです。百均などで揃えたグッズで桑原社長自ら作った試作品なども見せていただきましたが頭の中は常に「もっとこうした方が良いんちゃうか」「こんなんあったら助かるんちゃうか」そんなアイデアで溢れかえっているそうです。お客様や製品を使われる方が求める『防』をとことん研究し尽くしている素敵な工場でした!サクセスプランニングさん、ありがとうございました!

記事のシェア
ぜひお願いします!

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn