Close

プラ型専門の「出張磨き職人さん」がいました!

今回ご紹介するのは…

社名:有限会社津島

場所:東大阪市川俣

事業内容:プラスチック金型の設計製作

HP :https://www.mold-tsushima.com/

今日も東大阪のプラ型屋、津島さんにお邪魔しました。今日は津島さんの社員さんではない見慣れぬ方が現場で作業をされているのを発見!どなたでしょうか?お話をお聞きしてみました!

プラスチック金型の『出張磨き』をしてくれる職人さん!

タイトルの通り、作業をされていたのは金型の『出張磨き』をされている職人さんでした!出張磨き…その名の通り現場へ出張し、その場で磨いて金型の仕上げや修正をしてくださる職人さん。初めてお聞きしました!金型の磨きというのは研磨屋さんに一度お預けして、仕上げてもらったものが帰ってくる…というのが一般的な段取りだそうです。小さな金型であればその流れでも問題無いのですが、大きな金型となると研磨屋さんにお預けする作業だけでも一苦労。当然運送のコストもそれだけかかってしいます。

そもそもクレーンなどの設備が無い工場だと運び出すこと自体が不可能。こういうケースって結構あるそうです。だったら磨き屋さんが訪問したら良い、金型が動けないならば人が動いたら良い、ということでこの出張磨き職人さんが現場に駆けつけてくださるんですね。大阪を拠点にされてはいますが『工房は持っておらず、磨きの道具だけ持って飛び回っています!』とのことで、愛知や三重まで出張されたりとフットワークの良い元気な職人さんでした!

「出張磨き」はお客さんとのやり取りもスムーズ

金型が動かせないケースでも職人さんが駆けつけてくださる「出張磨き」、他にも良い点はいろいろ。一番が自社の現場で職人さんが作業するため、仕上げまでの過程の中で細かな調整や打ち合わせが可能。預けてしまって金型が現場に無いとお電話やメールでの相談となってしまうのに対し、直接現場でやり取りができるためとってもスムーズ。たとえば依頼いただいた分以外に小さな傷を発見した時なども、「ここはどうしましょうか?」なんて相談しながら一進めることができ、業務内容がとてもクリア。同じものを同じ時に見て直接相談ができるので、認識の違いも無いのはお客さんにとっても職人さんにとってもやりやすくて良いですよね。

金型が大きくて動かせない!工場に来て作業をしてほしい!そんな時は津島さんへ。

初めて知った「出張磨き」のお仕事。道具とその『腕』だけ持って工場へ飛んでいく職人さん、かっこいいです。お客さんにとっての仕上がりの納得度も高い、金型の出張磨き。リピートのご依頼も非常に多いそうです。金型の磨きをお願いしたいけど、大きな型のため動かすのが大変…クレーンが無いから動かせない…現場で過程を見ながら調整したい…そんな時はぜひ「出張磨き」をご利用ください。(津島さんが窓口となりご案内してくださりますので、詳細についてのご問い合わせやご相談は津島様へ!▶︎有限会社津島:06-6783-1022)

ー津島さん、今回もありがとうございました!

記事のシェア
ぜひお願いします!

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn