店舗インテリア

インテリアデザイナーさんからのご相談。プレスで穴あけしてデザインを出したいんです。プレスの場合は一定性のある穴あけしか出来ないのでパンチングを提案。
形状がどのような形で出るか、イメージと合わないといけないので、デザイン画からサンプルパネルを製作。
アルミのウェーブカーテンになると聞き、ウェーブが曲げられるのかどうか・・・
そこがまずは課題に。
板金メーカーでも長さが2430ミリの素材をR150のS字にできる企業は限られていた。1社に相談し、テストした結果曲げられるとの回答を受け、本生産することに。検証を重ねていると日が過ぎるのは早く、引き渡しの日が迫っていた。
デザインパンチングはデータ製作に時間がかかる。
1日1枚、合計で16枚あるためにデータだけでも半月。
引き渡し日は決まっているからデータ待ってから製作では間に合わず、
データと製造を同時進行で進めた。
希望日には店舗へ直納。施工業社へ無事受け渡しが完了し、取り付け。
お店の看板とも言えるウェーブカーテン。
デザインパンチング、曲げ、塗装と一貫での製作により店舗に無事取りつき、
オープンの日を迎えた。

支給図面:aiデータ
素材  :アルミ(A1100)
加工  :デザインパンチング・R曲げ・塗装
数量  :16パネル
製作日数:1ヶ月