東大阪産業フェアに出展!

ひし形金網の製造加工会社の共和鋼業株式会社。ネットフェンスや落石防止金網の高いシェアを誇っている会社さんです。今回は、共和鋼業の、新しい取り組みについてお話をお伺いしました。

森永さん(代表)ー 共和鋼業は、ひし形金網では、ありがたいことに高いシェアを誇っていて、かなり高い評価もしていただいています。

しかし、それだけで終わってはいけないとも思っているんですよね。

ただフェンスを製造して納品するだけでは、勿体無いと思って共和鋼業では新しいことにもチャレンジし始めました。

金網を使った家具を作れないかと作ってみたのがこちらです。

金網を使ったベンチ。金網はフェンスに多く使いますが、皮膜鉄線を編んでいるので、ある程度のクッション性があるんですよね。

「クッション性と皮膜の柔らかさを家具に活かせないか」という発想から、こちらのベンチを作りました。

まだ改良中で、世には出ていないものですが、こういった、新しいことにもチャレンジしています。

そして、明日より始まる「東大阪産業フェア」にも出展しています。共和鋼業では、「こーばへ行こう!」というプログラムで、フェンスで作るスタンドボード作りのワークショップを行います。

小さな子どもたちに、ワークショップを通して、ものづくりの楽しさを知ってもらえたらなと思っています。

ーありがとうございました!

編集後記

今回お話をお伺いしたのは、共和鋼業の代表の森永さんでした。新しいことを!という姿勢に感銘を受けました。・・・ちなみに筆者、ベンチに座らせていただきました・・。もうびっくり。こんな座り心地初めて!という感触でした。販売されたら買いたいな・・なんて!