東大阪の金網メーカー『共和鋼業株式会社』

9月より新しく、『共和鋼業株式会社』様の魅力をたっぷりとお伝えしていきます!

何してる会社なの?

共和鋼業では、みなさんが日頃何気なく目にしている”あれ”を作っている会社さんです。

その”あれ”とは、「ネットフェンス」や「落石防止金網」。

普段、本当に何気なく目にしているものですが、街を見渡せばいたるところにありますよね。

共和鋼業は、そのネットフェンスや落石防止金網の圧倒的シェアを誇っているんです。この日本の街は、共和鋼業がなければ成り立たないと言っても過言ではありません。

さらに、共和鋼業の特徴が、細かい網目の金網も製造できるところ!

金網を製造している会社は他にもたくさんありますが、共和鋼業では10mmっという細かい網目の金網を製造できます。これは、日本中を探してもなかなか見つからないのだとか。数少ないメーカーとして、業界では、高い評価を受けています。

どうやって作っているの?

普段よく目にしているものですが、どんな風に作られているか、なんて考えたことがありませんよね。

実はよく見ると、線材が編み込まれているのがわかりますよね。

専用の自動菱形金網織機で連続列線加工がされているんです。溶接して製造しているわけではないので、耐久力のある強い金網が出来上がるんです。

ここも、高い評価を受けているポイントです。


機械の種類によって、網目の大きさが変えられるそうなんです。

しかし、ただ機械に任せきり、というわけにもいかないようで。どうしても機械だけだと誤差が出てしまったりすることもあり、そこは職人さんの技術が光るところなのだとか。

今月より、共和鋼業の魅力をたっぷりとお伝えしていきます!お楽しみに♫