異業種が集まる展示会を主催

プロダクトデザインを主に行っているデザイン事務所「マナブデザイン」。今回は、そんなマナブデザインが主催している展示会についてお伺いしました!

異業種の展示会を行う

高橋ー マナブデザインでは、展示会『Link to Creative』を主催しています。この展示会は、2018年から始まった異業種の企画展です。2018年は渋谷ヒカリエで行い、全20社に出展していただきました。

昨年に引き続き、2019年も主催させていただきました。

一般的に展示会といえば、同業種が集まるイメージですが、『Link to Creative』は、とにかく、集まる業種が様々です。もともと顔見知りの多かったモノづくり企業さんをはじめ、業界は多岐に渡っています。

そこで実現できるのが、初めて出会う企業さん同士のコラボレーションです。

外部の人向けの展示会が多い中で、出展者さん同士が出会い、新たなシナジーを生み出す。出展者同士のコミュニティが生まれたことが嬉しかったですね。実際に商品化されたという事例もあります。

新たなチャレンジの場に

高橋ー 展示会で20社も出るとなると、聞くだけでは嫌がる企業さんもいらっしゃるかもしれません。確かに、普通の展示会だとそう思っても無理はありません。

しかし、展示会という要素だけでなく、異業種と関係性を持てる良いチャンスです。実際に利用してくださった企業さんの中には、「チャレンジする場所として非常によかった」と言ってくださっている方もいらっしゃいます。

リピートしていただいてることも多く、本当にありがたいですね。

デザインだけでなく、人と人とのつながりを創り出す場所として、大切に育てていきたいと思っています。

ーありがとうございました!

編集後記

今回も、丁寧にお話してくださった高橋さん。確かに、異業種が集まる展示会というのは、あまり耳にすることはありません。しかもそれを、デザイン事務所さんが主催している・・驚きばかりですが、新しいことを始めるには驚きがつきものですよね!