マネジメントもできるデザイン事務所

プロダクトデザインを主に行っているデザイン事務所「マナブデザイン」。今回は、そんなマナブデザインで、最近注力しているマネジメントについてお伺いしました!

―以前からもお伝えしているとおり、マナブデザインでは、単にプロダクトデザインだけを行っている会社ではありません。

私たちが持っている人脈を駆使して、お客様のニーズにしっかりと寄り添い、デザインだけではなくもっと上層からお手伝いさせていただいています。

これが、私たちマナブデザインの強みであり、唯一無二の会社である特徴であると思っています。

上層というのは、例えばブランディングです。言われたとおりにデザインするのではなく、できあがるプロダクトの価値を高めるために、こういうメッセージがあったらよいだろうな、というところから考えていくんです。

そんな私たちが、今大切にしていることがマネジメント。

ブランディングからデザイン、設計製造まで多くの方たちとかかわっていく中で、やはりマネジメントは重要な要素です。

それができるのがマナブデザイン。実際に、マネジメントから携わったクライアントさんからは、感謝の言葉をいただいています。

そこまで解決できてこそ、本当にクラインとさんの役に立ったと言えるのではないでしょうか。

豊富な人脈と、これまでの多くの経験や知識を生かして、なかなか会社同士で折り合いのつかないことも、プロジェクトをカタチにしていくために、みんなが着地できる場所を探っていくというような役割も担っています。

「こんなものが作りたいのに、どんな人に声をかけて、どんな風にプロジェクトを進めればよいのかわからない・・・」

こういった悩みって、意外と多いんですよね。

何をやればよいのかわからない人がプロジェクトをまわすと、破綻してしまうケースが多い。そんなのもったいないじゃないですか。全体を俯瞰してプロジェクトを見ることができるマナブデザインのような存在は大切だと考えています。

全体をマネジメントすることで、プロジェクトを成功へと導いています。

―ありがとうございました!

【編集後記】

今回お話をしてくださったのは、マナブデザインの代表の高橋さん。デザインの学校を卒業後、ユニバーサルデザインを中心に様々な会社で様々な経験を積んできた高橋さんだからこそできるマネジメントの力に驚くばかりでした。経験から感じる自信に、頼れる雰囲気を感じました!