直接「ありがとう」が聞ける会社に

自動車のシートを作るための金型を製作しているこちらの工場さん。金型の製作を受注して、納品するという流れが通常ですが、今後もっと新しいカタチの会社にしていきたいのだとか。今回は、今後の展開について詳しくお話を聞いてみました。

これは私だけではなく、何人かの社員にも共通していることだと思うのですが、やはり、自分たちが作ったのものに対して「ありがとう」と言ってもらいたいんですよね。

どうしても、金型の制作を受注して納品するという流れだけでは、「ありがとう」と直接言ってもらえる機会はめったにありません。

そのため、今後の展望としては、自社商品を作り、ありがとうと言われる会社にしていきたいというのがあります。

ただ、自社製品といっても、自分たちの作りたいものをただ作って販売するというのは、ただの自己満足です。

世の中にとって何かプラスになるもの、必要とされるものを提供していきたいですよね。これは、私たちのまだ構想のひとつですが、夢を持ちながら、日々の仕事をしていきたいです。

工場の中でも、業務の合間に遊び心を取り入れながら、いろいろなデザインを作って社員たちとわいわいしています。

もちろん、やるときはやる会社ではありますが、あまり会社会社していない良い意味で「ふわっとしている」そんな会社を目指していきたいですね。

社員も働きやすくて、そうして、自社商品でお客さまから「ありがとう」と直接言ってもらえる会社。

それが私たちの目指すところです。

ーありがとうございました!