プラスチックを成形するための金型を作っています

今回より、新しくmonootoに加わってくださった「有限会社津島」さん。一体、どんなものを作り、どんなサービスや技術を提供しているのか、これからどんどんご紹介していきます!

第一回目の今回は、制作しているものについてお伺いしました。

ー単刀直入に聞きます。一体、何を作っているんですか?

代表立花さんー私たちの工場では、専門的な言葉を使うと、射出成形用の金型を製作しています。

もう少しわかりやすく言うと、みなさんが普段何気なく使っているプラスチックを成形するための機械の、金型を作っているんです。

マシニングセンタという金属を削るための機械を使い、クライアントさんののぞむプラスチック製品ができるよう、お手伝いしています。

昔は、人の手作業で削っていましたが、今では、CAD/CAMとよばれるプログラミングを使い、そのプログラミングをマシニングセンタに読み込ませています。

ー他の会社さんとの差別ポイントはありますか?

もちろん、技術の面では自信があります。でもそれ以上に、使ってもらうクライアントさんが気持ちよく使ってもらうというところを重要視しています。

プラスチックの成形というのは、やはりトラブルが起きやすいものなんですよね。成形した際に、製品が変形したり縮んだりしてしまうことも多々あるんです。

そんなときは、なるべく迅速に対応するように心がけています。

というよりも、そもそも受注した段階で、お客さんが作りたいと思っている製品により近づけ、なおかつ成形しやすいものを作るため、しっかりとヒアリングし、コミュニケーションをとるようにしていますね。

ーありがとうございました!