マナブデザインの「デザイン以上」はどこから生まれる?

「町工場」と言ってもたくさんの種類があって、正直どの工場がどんな製品を作っているのかイメージさえも湧きにくいもの。

そこで今回は、ものづくりのためのデザインを専門としている会社に、単刀直入に「どんなことをデザインしているのか」お話を聞いてきました。

ーこんにちは。

マナブデザイン株式会社(http://mnbd.co.jp)です。

デザインには洋服などのアパレルデザインやwebデザイン、グラフィクデザインなど様々な種類がありますが、マナブデザインは工業製品のデザインを主体に、ブランディングやグラフィックデザイン、製品開発のマネジメントなど幅広くクリエイティブ業務を行なっています。

「マナブデザイン」の社名は、代表の高橋学の名前と「何事も学び続ける」姿勢から付けました。

どんな姿勢でデザインを行なっていますか?

私たちは「design makes smile.」という言葉を胸に、デザインを通して世の中のさまざまな場面で人を笑顔にすることをミッションと考えています。

そのためにはユーザーや市場のニーズを的確に捉え、製品やサービスを提供するメーカが持つ「本質的な価値」を理解し、より精度の高い付加価値に落とし込みつつ商業的に成り立たせ、エンドユーザが求めるニーズと「つなぐ」ことが不可欠です。それぞれのニーズとシーズを「つなぐ」ことがデザイナーの役割だと考え、常に両者の立場に立ち、幸せと笑顔を生み出すために日々デザインと向かい合っています。

より精度の高いデザイン開発を行うためには「メーカの持つ技術や強みと弱み」「ユーザが求めている本質的な価値」このどちらも理解することが大切です。

また関係者がそれぞれプロジェクトを「自分ごと」とし、チーム意識を持ってプロジェクトに向き合う姿勢も大切だと考えています。

マナブデザインではどんなデザインを行っていますか?

マナブデザインがデザインを行う分野は幅広く、医療従事者が使用する医療機器から半導体や製造現場で使われる産業機器などBtoB向けの製品をはじめ、ジュエリーや雑貨など一般コンシューマ、BtoC向け商品など多岐に渡ります。

また製品の企画をはじめ、製品やサービスを市場に認知・浸透させるためにブランディングやロゴデザイン、カタログやリーフレットなどの販促物の企画・制作など、製品に関わるあらゆるクリエイティブに携わっています。

代表 高橋が持つ商品企画、製品開発、マネジメント実務など幅広い経験を生かし、「ひと」と「技術」のハブとなり、例えば、設計エンジニアとプログラマー、グラフィックデザイナーと製造メーカなど、共有言語を持つのが難しい場合でもコミュニケーションが円滑に進められるように、開発プロジェクトのマネジメントを行うこともあります。

またそれぞれのメーカ、町工場と力を合わせることで、アイデアを製品化することができるのも特徴です。

デザイン業務のほか、代表 高橋が2018年には日本工業大学にて基本的なデザインの考え方からデッサンの演習、デザイン系ソフトウェアの実習まで半年の演習・授業を行いました。

同様のプログラムを企業向けに展開もしています。

また千葉県鎌ケ谷市の製造業チームと一緒に、千葉県内の高校でキャリア育成プログラムを行っているほか、全国の製造業をつなげるコミュニテイ・合同会社メイカーズリンクではプロデューサーも務めています。

こういった活動からさらに「デザイン以上」が生み出されている感じがします。

どのようなクライアントさんのお仕事をしていますか?

大小問わず企業をはじめ、地方自治体、メディアなど多岐にわたる業界・業種の方々と一緒にデザインを展開しています。

代表 高橋が秋田県出身ということもあり、秋田県の伝統産業や企業の方とご縁が深かったりします。

特に全国各地の町工場の方とは広くつながりがあり、町工場の持つ技術や特徴を生かした商品作りにも注力しています。

また町工場やエンジニアなど専門分野のプロフェッショナルなクリエイターとのつながりを生かし、さまざまな製品開発をチームで進めることもあります。

このようなたくさんの「つながり」から「デザイン以上」が生まれていると思います。

ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です