Close

今回ご紹介するのは…

 

社名:サントー試作モデル株式会社

場所:東大阪市若江西新町

事業内容:樹脂・軽金属切削部品の試作

HP http://www.santo-shisaku.jp/

今月からmonootoに新しいメンバーが仲間入り!樹脂や軽金属の切削部品の試作屋さん(東大阪)のサントー試作モデル株式会社さんです!今日はサントーさんってどんな会社?をご紹介。製造業勉強中の筆者が感じた「サントーさんらしさ」を私が感じたままにレポートしてまいります!

迷子の設計・開発者さんの横で一緒に考えてくれる試作屋さん

サントー試作モデル株式会社は樹脂やアルミなどの軽金属の切削を行う試作屋さん。相談窓口は奥さん、現場はご主人、現在は夫婦お二人で工場を営まれており、設計や開発に携わる方が日々ご相談に来られます。どんなお客さんがどんな相談に来はるんでしょうか?お話を聞いている中ですごく印象的なのが、「すごく焦ってはったから」「すごく困ってはるんやろうなと思って」というお客さんに対する言葉がよく出てくること。納期が迫っているのに形にならない…、明日には欲しいのに今日は金曜日、どうしよう…そんなお客さんの相談を親身に聞き、なんとか力になろうと走るお二人の姿が浮かんできます。

「この会社なら、ちょっと無茶振りしても大丈夫かな?とお客さんに頼りにしてもらえるような会社でありたい。街の自転車屋さんみたいな感じ?パンクした〜!って持ち込んだら、ちょっと見せてみ!ってパパッと直して解決してくれるような。今は二人でやってる小さな工場やけど、だからこそ小回りがきくのがうちの強みや思うから、お客さんの『無茶振り』にどんどん応えたいな。」と奥さん。 

 

サントーご夫婦とお話ししていてなんだか実家のお父さんとお母さんに会いたくなった筆者(笑)そう、そんな安心感があるんです、サントーご夫婦。

▲おとんとおかんを思い出し安心する筆者。笑 どうしよう!って時にサントーさんのもとに相談に来られるお客様の気持ちよーくわかります。

展示ブースにクリスマスツリーがあるとってもオープンな町工場。

こちらはサントーさんの工場の奥にある展示コーナー。製造事例や材料の特性についてわかりやすく展示されています。手書きのポップがまた温かみがありますね。いつでも気軽に相談来てくださいと言っていても、来るきっかけが無いと入りづらいもの。『展示ブース見に来ました』が来るきっかけになるならと2ヶ月ほど前にこのブースを作られました。自社の制作実績だけでなく、他の工場のサンプルなども並べているのは、自社で対応できないご相談であった場合でも繋がりのある工場をご紹介することで力になれれば…という理由。

「これはどんな工程で加工するんでしょうか?」と質問すると、職人さんがマシニングの前でわかりやすく教えてくださりました。実際にお客様が工場に直接相談に来た際に工法や材料についてこのように説明されるシーンも多いそうです。

ちなみにこの展示ブースハロウィンにはお菓子が並んだり、12月を迎える現在はクリスマスツリーが置かれたり、いつも歓迎モードです。私のような無知な小僧でも入りやすい(泣)初めましてのお客様にも真心120%のサントーさんです。

今月からサントーさんのチャレンジをレポート!お楽しみに!

攻めの姿勢で私たちらしくトライしていきます!といつも笑顔なお二人。WEB展示会に出たり、自社でも動画制作を始めたりとチャレンジングなサントーさん。よくいただく材料についての質問にお答えする動画コーナーも企画されているのだとか。ふ〜〜〜楽しみですな〜〜〜〜〜。

monootoではそんなサントーさんのチャレンジを追いかけていきます!次回もお楽しみに♩

ーサントーさん、ありがとうございました!l来月もよろしくお願いします!