Close

今回ご紹介するのは…

 

社名:有限会社津島

場所:東大阪市川俣

事業内容:プラスチック金型の設計製作

HP :https://www.mold-tsushima.com/

今日お話をお聞きするのは東大阪のプラ型屋さん、有限会社津島さんです。

近くて遠いプラスチックの世界。わかるとこんなに面白い。

今回の「プラ型講座」はプラ型って何?を浅く、広く学べる内容です。『プラスチック金型』とはプラスチックの成形品を作るための金型、つまりものを作るための道具です。普通に生活していたら知ることのない世界…。かたやプラスチック製品というのは私たちの身の回りにあふれています。コンビニでもらえるスプーンやフォークもそう。ストローもそう。プラの食器なんかもたくさん見かけますね!いろいろなプラスチック製品が溢れていますが「プラ成形」と一言で言っても成形の方法は様々です。

津島さんが作っている金型はその中でも「射出成形(インジェクション)」という成形法で使われる金型の設計と制作。今回の講座ではその「射出成形」をメインに、プラスチック成形についての基礎の基礎、どんな成形法があるの?どういう原理?を津島さんが先生となり教えてくださりました!

 

中身が丸見えな透明金型がめっちゃわかりやすい!教材も津島さんが自作されました

講座は実際に身の回りにあるプラスチック製品を手にと取りながら、どういう成形法で作られているのか、どこを見るとそれがわかるのかについて、参加者からの質問に職人さんが答える形でスタート。プラ成形は未知の世界だけれど、プラスチック製品は身の回りにたくさんあります。それがどんな風に作られるかわかるだけでも面白い。今回の受講者には樹脂に関わる仕事をされている方が多かったので、成形条件など専門的な質問もたくさん飛びました。全てわかりやすく解説いただきました。さすが「プラのことなら何でも聞いて!」な頼もしい津島さんです。

とはいえ、やはり成形についての踏み込んだことはお話を聞いているだけではわかりづらい!ということで実際に射出成形を擬似体験。お写真の透明金型が教材、こちらも津島さんが作っちゃいました!長年金型に携わっている津島の職人さんですら「成形の瞬間なんて見たことあれへん。だって金型の中の話やで?」とのこと。構造がわかるだけでなく実際に成形も体験できるのはレアなんですね。

(ちなみに、こちらの透明金型は教材として販売も可能です…!)

実際に成形をすると不良も出ます。お写真を見ると可愛いクマのキャラクターがおぞましい姿に…!樹脂が流れきらず割れてしまったり、バリが出て仕上がりが汚くなったり。樹脂を流し込む圧が足りない、型の締めがうまくできていない…などが原因で発生してしまった不良ですが、これは実際の現場でも起きることだそう。実体験すると、どういう原因でどういう不良が起きるのか、どうしたら解決できるのかがとてもわかりやすい!もちろん実際の現場はそんな単純な話ではありませんが、基礎の基礎を学ぶにはとても良い教材で参加者からも何度も歓声が上がっておりました。

透明金型のおかげで、私も語れるようになったプラ型の基礎の基礎!

毎月津島さんにお邪魔しているスタッフ。飛び交うプラ型ワードに「???」がいっぱいだったこれまで。言葉の意味は説明を聞いてなんとなく理解はしていたものの、やっぱり体験すると理解度が異なります。飛び交う金型ワードに混乱し思わずこんな動画も作っていたスタッフ。今回の講座を誰より楽しみにしていたかもしれません。様々な成形法、その原理、よくある成形不良やその原因については語れるようになりました!「ものづくりに関わっているけど、プラ型やプラ成形のことは知らないな。まずはどんなもんか大枠を知りたいな」そんな方にはおすすめしたい講座です!

「プラ型ワードがわからん!」と言っていたら

津島さんが出演、協力してくださった動画▼

「バリ?ヒケ?ヤケ?もう覚えましたよ〜!(笑)」

byスタッフ

ー津島さん、ありがとうございました!