今回ご紹介するのは…

 

社名:有限会社津島

場所:東大阪市川俣

事業内容:プラスチック金型の設計製作

HP :https://www.mold-tsushima.com/

今日お話をお聞きするのは東大阪のプラ型屋さん、有限会社津島さんです。いつも『プラスチック金型屋さん』と書いておりますが、プラスチックの成形品って世の中にたくさんありますよね。どんな製品も同じように金型で作られているのでしょうか?改めて津島さんに教えていただきました。

津島さんは『射出成形型』を作っている金型屋さん

代表   立花様
「わかりやすく『プラ型屋』と言っていますが、世の中にあるプラスチック製品が全て同じ工法でできているわけではありません。言葉だけ聞いてもイメージは持ちづらいかもしれませんが、射出成形、真空成形、ブロー成形、押出成形…などなど、あらゆる成形方法があります。プラ型(プラスチック金型)というのは、プラスチック製品を成形するための金型全般を指すので、厳密に言うと私たちは『射出成形型屋さん』になりますね。加熱して溶かした材料を注射器のような要領で金型に送り込み、冷却して固めて、成形する方法が射出成形。プラスチック製品の成形法としては最も一般的な方法で、インジェクション成形と言ったりもします。プラスチック材料の種類も様々ですが、最近は生分解性樹脂での成形型の設計にも取り組んでおります。」

 

とにかく「プラスチックで何か作りたい」場合にはお力になります!

「先ほど『射出成形型屋さん』と言いましたが、ご依頼者からすればプラスチックで何か作りたいとなった時にどのような成形法が適しているかなんてわからない場合もあると思いますから、プラスチックに関わることであればとりあえずお気軽にご相談にお越しください。成形できるできないの判断、成形時の諸条件を踏まえての設計変更のご提案、仮に射出成形が適さない場合の他の方法のご提案は私たちがさせていただきますので、プラスチックが絡むことであれば何かしらお力になれるはずです。金型の修理やメンテナンスも行っているので、町のお医者さんのようなポジションで気軽に相談に来て頼っていただける存在でありたいと思っています。」

これは無理!って相談はありますか?とお聞きしたところ、『無理やったとしても、相談もらった以上は何かしら考えるし、うちで無理なら他を探すのも役目でしょう。』と頼もしい一言を職人さんからいただきました!

津島の社員さんが先生のプラ型講座の再開講に向けて動き始めています

昨年からお伝えしていた、津島の社員さん達が講師として教えてくださる『プラ型基礎講座』。実は4月に初開催が決定しお申込みをいただいていたのですが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で泣く泣く中止に。まだ完全に事態が収束したわけではないため具体的な日程等をお伝えできるのはまだ先となりますが、状況を見ながら開講できるよう準備を始めています。またお知らせさせていただきます!

ー津島さん、今回もありがとうございました!

Back to top