スロッター加工でできる溝の深さってどれくらいですか?

今回訪問させていただいたのは…

社名:横山製作所

場所:東大阪市森河内

事業内容:旋盤・スロッターでの外径・内径加工

HP :https://yatte.me/ja/stores/top/yokoyama/

今月も横山製作所にお邪魔しました。横山製作所は東大阪森河内にある小ロット専門の旋盤&スロッター加工屋さんです。スロッターはテーブルの上にセットした加工物に対して刃物を垂直に押し当てながら溝を削るための機械です。横山製作所では旋盤で外径を削った後に、このスロッターで内径を四角、六角、八角に加工します。もちろん機械によるとは思うのですが、この溝の深さってどれくらいまでいけるのでしょうか。横山製作所の場合いかがですか?

 

横山さん

「ちょうど先日お客さんより同じ質問をいただきました。おっしゃる通りマシンによって異なるので横山製作所の場合…という回答になりますが、うちのスロッターで削れる深さはmax80mmです。ちなみに溝の対辺は85mmまで。」

 

小さな加工物を見せていただくことが多かったのですが、こんなに大きなものもできるのですね!

 「今も職人が手で調整しながら加工をしています。うちは私と週に何度か手伝いに来てくれる職人の二人でやっている小ロット専門(MAX50個程度)の加工屋なので、『1個だけやってほしい!』『急ぎでやってほしい』『現場で工法を相談したい』といったご相談に即レスポンスし臨機応変に対応できるよう心がけています。持ち込んでもらってそのままそこで加工して、お店みたいになったこともありました(笑) 小ロットの仕事が多い分、そういった急ぎのご相談の場合にも小回りがきくので、お困りの際はぜひ頼ってくださいね。」

横山さん、今月もありがとうございました。

Back to top