Q. 空間のデザインに工業製品を用いたいのですが相談できますか?

今回答えてくださるのは…

社名:共和鋼業株式会社

場所:東大阪市水走

事業内容:菱形金網の製造・販売

HP :https://www.kyowakogyo.net/

【今回のご相談はこちら】
空間のデザインに工業製品を用いたいのですが相談できますか?というご相談。今回は工業用のイメージも強い菱形金網を使ったインテリアや家具の製造にトライされている共和鋼業株式会社様にお聞きしてみました。

デザインとして金網を使うという事例は実際にありますか?

共和鋼業 代表 森永様
「はい。共和鋼業では(プロトタイプのものもありますが)金網を使ってベンチやカフェテーブルの製造に挑戦しています。ネットフェンスや落雪・落石防止など丈夫さが求められる場で活躍することの多い菱形金網ですが、そういった用途だけにとらわれず単純にデザインとして金網を壁面や天井に垂らすような使い方をしていただいたこともあります。最近も大阪梅田の商業施設にある店舗の中で金網を天井かけていただきました。」

相談したい場合は工場に直接ご連絡しても良いのでしょうか?

「もちろんです。アパレルブランドの店舗設計部の方や建築系デザイナーの方から直接ご連絡をいただいたり、知人経由で繋いでいただいたりしてやり取りをしています。僕たちも新しい事例に挑戦していきたいと思っているところなのでお気軽にご相談ください。あとは、今『チーム東大阪オープンイノベーション』というプロジェクトの中で弊社を含む東大阪の町工場の製品を組み合わせた空間の提案にもトライしています。6月のKENTENでお披露目をするので、そういった展示会の場に足を運んでいただき商品やプロトタイプを見ながらお話できるとよりイメージが湧きやすいかもしれません。」

★KENTEN2020 6/11-6-12 @インテックス大阪    https://www.ken-ten.jp/

   ▲ このように構想が固まってきています。

打ち合わせはどのように進みますか?

「逆に僕たちはデザインに関しては疎いところがあるので作りたい製品や空間のイメージについて教えていただきながら、ご希望のデザイン、コスト、納期の実現に近づける素材や設置方法を金網のサンプルなどをお見せしてご提案しています。デザイナーさんなど、製造現場外の方からの意見やご提案は僕たちからすると新鮮でとても勉強になります。打合せはお互いに提案を出し合って、イメージと製作可否のすり合わせをしながら進めています。」

【Q&A まとめ】

Q:空間のデザインに工業製品を用いたいのですが相談できますか?

A:はい。今まさに、東大阪の町工場の技術を結集させてプロダクト提案にトライしています。僕たちの製品や技術でお力になれることがあればぜひ一緒に取り組ませてください。

ーありがとうございました!

今月の共和鋼業】

KENTENまで残り3か月。先日の「チーム東大阪オープンイノベーション」のミーティングではブースデザインの構想が固まってきました。「店舗」「個人のワークスペース」「趣味の部屋」というようにブースの中でもテーマを分けて東大阪の町工場のコラボ製品を並べます。今年からはガラスも新しく加わるので更に面白くなりそうです。現在は実際に製品を使ってもらってアンケートを取ったりしていて、いただいた意見から更に改良を加えていく予定です。

Back to top