【マシニング加工】大型モデルの切削

昨年導入したマシニングセンターで大型モデルの切削加工が社内で出来るようになりました。
弊社でいう大型とはテーブルサイズが2種類あります。
Z800 X2000 Y1500 のマシニングセンターと
Z750 X2050 Y850 のマシニングセンターです。

機械の番手でいうと8番のマシンになります。

このマシンで何を作っているか?

鋳造が出来る金型メーカーというのが弊社の強み。
そこで実績のある加工はこちらです。
・人口木材(PU)の切削
・鋳物の仕上げ加工
・真空成型の金型部品

8番のマシンというのは微妙なんです。
何が微妙かというと中小企業ではあまり導入されているメーカーが少なく、
大手メーカーでは逆に小さくて導入されない。

このサイズで小回りの利く企業が少ないというお声もいただきますが
弊社は基本、試作型をメインとする企業ですので納期やコストといったニーズにお応えできるところが強みです。

大型切削にお困りの際にはご相談くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です