2020年1月25日

設置までお任せください!現地での取り付け工事も行う菱形金網屋です

東大阪で菱形金網の製造・販売をされている共和鋼業株式会社。
サイズが大きいケースなど特殊性の高い案件の場合には、製造だけではなく現地での取り付け工事(大阪近郊)まで行われています。

共和鋼業さんでは線の素材、太さ、網目の大きさ、寸法などによりあらゆる種類の菱形金網の設計、製造が可能。1平米程度の小ロットのご依頼もOK、建造物のフェンスや壁面で使用する長さ・高さのあるご依頼もOK。とにかく菱形金網に関わることなら何でもできる工場です。それゆえに、共和鋼業さんの金網はあらゆる場所で、あらゆる用途で大活躍。

一般家庭や店舗の中で使われるものから展示会等のブース、大きな公共工事まで本当に様々。

前回までは”チーム東大阪オープンイノベーション”で挑むKENTENでの取り組みとして、異素材と金網を組み合わせたインテリアや家具の企画や製造についてお伝えしておりましたが、今回は共和鋼業さんが受けられている公共工事について教えていただきました。

菱形金網は線を編んで作るため衝撃吸収力がとても大きく丈夫であることが特徴。新幹線の線路の脇にある立入防止柵や安全柵、落石・落雪防止柵にも菱形金網が使われています。このように私たちの暮らしの安全を守る用途で使われるケースでは特に、施工にも専門性が問われます。それが広範囲にわたる工事であったり短納期であったりすれば尚更。

今月より着手予定の工事は大阪市某公園の防球ネットの張り替え。もともと高さ12mのネットの高さを15mに上げるための広範囲にわたる張り替えになります。

地面には勾配がついているので測量をするところからスタート。
既存のコンクリート柱を全て抜いて、穴を掘り新しい柱を入れます。

そして柱が立ったらワイヤーをかけいよいよ金網をかけていくのですが、その長さは170m!
なかなか大がかりな工事かと思いきや、これは比較的簡単な工事で1か月もあれば完了するようです。

金網の製造から行っていて金網を知り尽くしている工場が施工まで一貫して受けてくれるのは大変心強いですね。
来月のリサーチはもう工事が完了している頃でしょうか?また工事中や完了後の様子も教えていただきたいと思います!
共和鋼業さん今回もありがとうございました。

 

★共和鋼業さんも一員である『チーム東大阪オープンイノベーション』での皆様が出展されるKENTEN2020は6月11日12日インテックス大阪で開催です。ぜひ見に来てください。▶▶▶KENTEN2020ページ https://www.ken-ten.jp/

【この企業へのご相談はこちら】

https://www.kyowakogyo.net/

 

【monootoへのご相談こちら】

info@machicoco.co.jp

※依頼先を探している、情報発信に困っているなど…

Back to top