『雰囲気の良さが津島の一番好きなとこ』職人さんインタビュー

 

今回は津島の取締役 常務であり、職人さんでもある岸岡さんにお話を聞くことができました。

ー岸岡さんはずっとこの道にいらっしゃるんでしょうか?

「18歳の時に社会に出て最初はお肉屋さん、その後は車の整備士、今の仕事に就いてからは28年になりますね。」

 

-お肉屋さんから!

「はい、もともとは自動車の整備士になりたくてそれまで親戚の手伝いで。自分がものづくりや機械に携わる仕事をするのはイメージはしていました。親が靴の職人でその姿を家でずっと見ていたので、私の中の仕事のイメージが黙々と物に向かうというものに自然となったのだと思います。」

 

ー岸岡さんは東大阪ご出身なので、様々な職人さんの姿も身近だったのでしょうね。

「そうですね。そういえば幼い頃からやたらと物を分解することが好きで家電を解体しては怒られてました。笑 そんなこんなで自然にこの業界に。整備士から金型屋に転職し、その時の知人の紹介で津島に来たんです。」

 

ー金型に興味があったのですか?

「いいえ。笑 金型がどんなもんか全く知りませんでした。ただ、入ってすぐ『金属の塊がこんな形になるのすげー!』と純粋に感動。何も知らなかったからこそ衝撃が大きくて、この世界にのめりこみましたね。」

 

ーそこからこの業界で働かれて30年ほど。津島さんは一言で言うとどんな会社でしょう。

「和気あいあいとした会社かな。一つのチームで仕事をしようって雰囲気があるところが、私が津島で一番好きなところ。同じ工程でも人によって得意不得意があったり、機械によって一番うまく作れる人が違ったりするんですよ。そういうのをお互いが理解して仕事をしているので、各々が黙々と作業しているようでもチームとしての信頼関係があります。仮に誰かが欠けても補い合うので会社として仕事が止まることは絶対ありません。何より、そういう雰囲気を社長が作ってくれていますね。」

 

ーその中で岸岡さんは今どういった仕事をされているのですか?

「今はひたすら部屋に引きこもって図面書いてます!めっちゃ苦痛です!!」

ーえええ!!
※ここで「この前はこの部屋めっちゃ快適で良いわ~言うてましたやん!」と周りからツッコミが…。本当に和気あいあいとした雰囲気です。笑

 

一番左が岸岡様、右でチョコレートを持ってにっこりされているのが社長です。

 

「いや、やっぱり現場で物作っていたいんですよ。どうしたら図面通りにうまくできるのか考えながらひたすら手を動かし続けている時が一番楽しい。プライベートでも釣りのルアーとか、指輪とか、何でも作りますよ。」

ーすごいですね!ちなみに、これから挑戦してみたいことはありますか?

「物作って売りたい。自分が作ったものが売れたらおもろいやん。何が売れるんかなーとかいろいろ考えてるけど、秘密。笑 何か種があれば、どう作るか、どう加工するか、山ほどアイデア出す自信あるんやけど、その種を見つけるのが一番難しいよね。」

ー実現したときには教えてくださいね!岸岡さん、貴重なお時間本当にありがとうございました。

 

【編集後記】
津島様への取材は今回で4度目になりますが、技術やサービスではなく働く「人」にフォーカスしてお話を聞くことで、また新たな一面が見えてきました。帰り際に工場を見せていただいていると製品に何か不具合があったのか営業さんと職人さんが話しているシーンが。離れて作業をされていた他の方も自然と集まってきて話し合いがスタート。更に工場をご案内いただいている最中でたまたま居合わせただけの私にも、状況がわかるよう説明してくださりました。こういったシーン一つ取っても、お取引先はもちろん社員や私たちのような外部の人間まで関わる「人」を大切にされる会社だということが伝わってきます。何か緊急で頼みたい、助けて欲しい…そんなお客様から津島様に相談が来る理由はここにもあるのかもしれません。

次回は津島様の営業の方にお話をお聞きします。また違った視点でお話を聞けることが楽しみです!

 

【この企業へのご相談はこちら】

■有限会社津島

https://www.mold-tsushima.com/

 

monootoへのご相談こちら】

info@machicoco.co.jp

※依頼先を探している、情報発信に困っているなど…