「アルミナ」の加工に成功しました!

今日お話をお伺いしたのは、精密部品の加工を専門とする工場「成光精密」さんです。「自社の価値を最大限活用する」という理念のもと、今回は、難しいと言われている「アルミナ」の加工についてお伺いしました!

成瀬さん ー 先日、お客さまから「アルミナ」の加工を行って欲しいという依頼を受けました。アルミナというのはいわゆるセラミック。

セラミックは普通の鉄鋼材と違って非常に硬く、加工が難しい素材なんです。というのも、普通に鐵工所が使っているような刃物では削ることができないのです。

普通の刃物では削れないため、ダイヤモンでで削るしか方法がありません。軸の周りにダイヤモンドの粉を電着でくっつけた電着砥石を使って削る挑戦をしてみました。

最初は10mmの穴を開けようとしても、どうしても10.02mmや9.98mmなど寸法もしっかり出ませんでした。その微妙な誤差も考慮に入れながらデータを作成。とにかく削れるのか・・と不安を抱えながらもなんとか成功しました。

これは弊社にとってもお客さまにとっても初めての挑戦でした。どこの会社でもできない、、と相談を受けたのがきっかけでした。

でもこうして成功し、成光精密にはまた新しいノウハウがたまり、さらに事業の幅を広げることができました。

今後も、「できなさそうだから依頼を受けない」のではなく、できる可能性があるなら成功への道を模索しながら進めていければと思っています。

ありがとうございました!