さらなるものづくり支援ができる環境が整います!

日本最大級のリアルテックベンチャー専用のインキュベーション施設『Center of Garage』を運営しているグローカリンク。今回は、グローカリンクの高木さんに、新たな可能性についてお伺いしました!

高木さんー 今、さらなるステップアップを進めている1階のものづくりスペースに新しく工作機器メーカーさんが機器を設置してくれることになりそうなんです。

1000平方メートルほど作業スペースがあり、ものづくりベンチャー企業さんが試作品を作ったりする場所として機能しています。

そんな場所に、新たにハイスペック機器が設置されます。そうすることで、これまでの「試作を作れる」という段階からさらにステップアップして、それまでは外注に出してきたような「精度の高いものづくり」を行うことができるようになるはずなんです。

その工作機器メーカーさんとは、以前とあるプロジェクトで一緒になったことがきっかけで今回のお話につながりました。その工作機器を置くことで、その企業さんにとってもPRやベンチャー企業との協業に活かすことができると喜んでいただいています。

これでセンターオブガレージでは、3Dプリンターに加えて、金属の加工・切削・曲げの加工ができるようになります。

これだけ揃っているものづくりスペースは、他にはあまりないと思っています。ベンチャー企業さんはじめ、多くの企業や未来ある人たちにとって、少しでも支援できる環境が整いつつあります。

今後もより使いやすく、意味のあるスペースを目指して活動していきたいです。

ーありがとうございました!