高い提案力のある寝屋川の試作屋さん

『こうばあるき』ではmonootoリサーチ隊がお邪魔したすごい・面白い工場についてご紹介しています。

今回は寝屋川の試作屋さんにお邪魔しました。試作ということはまだ世に出ていない製品・商品に絡むものが多い。つまり守秘義務があり出せない情報が多い…!これ自慢したい~と思うすごい仕事をたくさんされている工場でしたがお伝えできる範囲でレポートしてまいりたいと思います。

■この工場ではこんなことをしています■

試作の中にも様々な種類があります。パンフレット用、展示用など外観を見せるためのデザイン試作。中に機械を入れて実際に動かしながら強度テスト等を行うための機能試作。他にも展示用に実物の2倍寸で作ったり、金属の商品を違う素材で作ったり、中の構造が見えるように展開したものを作ったり…あらゆるシーンでの試作に対応できる工場です。過去には携帯電話を10倍寸で作るという仕事をされたこともあるそう!

ニーズに合わせて1点からでも受注製作できるこちらの工場、特に樹脂加工を得意とされていて材料がずらりと並んでいました。

■この工場のここがすごい!■

前述の通り、開発メーカーさんからの試作の依頼に日々応えているこちらの工場。試作という特性上同じ依頼のリピートというケースはほとんどなく、毎回「初めまして」な形状の実現方法を考えることになります。開発途中の案件で情報も多くはもらえない中で試行錯誤しながら図面にして製造されるのですが、なんと納期は原則依頼から3日以内!もちろん物にはよりますが、長くなる場合でも1週間~10日程度だそう。

このような日々の経験から、複雑な形状、サイズの大きなもの、小さなもの、どんなパターンが来ても「できるかどうか」ではなく「やる方法」を考えて提示できる提案力をお持ちです。開発メーカーさんに対してコストダウン等プラスアルファの提案をされることも多いそうですよ。

現場で使用する道具なんかも自社で作っちゃったり…!

■この工場にはこんな職人さんがいます■

他社では無理と断られてしまったという相談を受けることも多いこちらの工場。どんな職人さんが働いているのでしょう。

職人さん

「難しい依頼も断らずに受けるようにしていますが、うちに特別な設備や技術があるかというと決してそういうわけではありません。自分たちにとって初めて見るものでも、調べれば同じような形状のものは世の中に存在しています。存在するってことは作る方法があるということ。試作屋の僕たちからすると「見たことの無いもの」というのはある意味当たり前のことなので、そう簡単に無理とは言いたくない。未来に繋がる試作。僕たちができないと言ったら先に繋がりませんから、そこはプライドを持って何としても形にするという気持ちでやっています。」

日々前例がないものと向き合う試作屋さんは頼もしい!貴重なお時間をいただきありがとうございました!!

お困りの際はお繋ぎいたします。お気軽にご連絡ください。

「コラボレーション」で生まれる新しい価値。

monootoにはモノづくりの「困った」を親身になり解決する町工場が集まる場所。
私たちが技術者と依頼者をつなぎ、モノづくりが円滑に進むよう支援します。些細なことでもお気軽にお問い合わせください。